風の町 短編

                       クリックして読んでください


風の町 駅

2018年01月24日

日本海を渡ってきた湿った冷たい風は、東北から北陸に二十年ぶりの大雪をもたらした。しかし、その年の冬も私の故郷には乾いた風だけが吹いた。

風の町 バス

2018年01月23日

私と老婆を乗せたバスは、シャッター街になった駅前通りを抜け、県道を北に向かって走っていく。老婆は烏川にかかる橋の傍にあるバス停で降りていった。昭和の頃、M町に住む誰もがこのバスを使ったが、車の所有者が増えると利用客は減った。十年前、バス会社は廃止を決めたが、町民の強い存続希望があり、運用費用のほとんどを町が負担することでバス路線は残った。今でも田んぼの中に「バスを使おう、バスを残そう」という字の消えかけている古い大きな看板が立っている。しかし存続運動から三年もすると、殆どの町民はバスを使わなくなった。

風の町 母

2018年01月22日

都内の製薬会社に就職すると、生まれた町は更に遠くなった。母だけでなく町の同級生も、私が地元に戻ると思っていたが、もう私の心からM町は消えかけていた。私は年に二回か三回しかM町には帰らなかった。私は東京の生活に染まり、やがて、会社の後輩で東京育ちの敬子と知り合った。敬子のことを母に告げたが、母は「お前が気に入ったのなら、いいんよ。でも母ちゃんはその人には会いたくない」と言った。私は母の気持ちを振り切って東京で所帯を持った。私は敬子を一回だけM町に連れて帰ったが、敬子は何もない町を見て「本当に何もないのね」と言った。母は敬子を生家には入れなかった。もともと人付き合いが下手だったし、貧相な家の中を都会の嫁に見せたくなかったのであろう。今思えば、敬子が私から去っていくことを、母は直感的に感じて...

風の町 同窓会

2018年01月10日

二ヶ月前、木村が電話してきて「秀ちゃん、暮れに小学校の同窓会やるから来いよ」と言った。葬式と納骨の時に力になってくれた木村への義理もあったので、初めて同窓会に出ることにした。

風の町 麻美

2018年01月09日

木村から町の合併話などを聞きながら日本酒を飲んでいた時だ、あちこちのテーブルから「おお!」「わあ!、麻美だ」という声が上がり、参加者の視線が一斉に会場の入り口に注がれた。そこに立っていたのは幼なじみの金沢麻美であった。

風の町 ラスト

2018年01月02日

たぬきのドアを開け外に出た。服の隙間から冷い風が入り込んで来る。コートの襟を立てた。たぬきの前の赤い提灯が、冷たく乾いた風に揺れてぶつかりガサガサと音をたてている。たぬきの駐車場には帰りの酔客を待つ代行車が二台止まっている。麻美との再会で小学生に気持ちが戻ったのだろうか。私は、天体少年になった気分で南の夜空にオリオン座を探した。風の強い夜は星が良く見えた。星を見ながら県道をゆっくりと歩いた。オリオン座の三ツ星が見つかると、大犬座、おうし座と次々と見つかった。全部、母から教えてもらった星座であった。